主婦でもお金借りることできる?

主婦の金欠!まじピンチ!!お金借りたい!!!私でも借りれる!?

 

主婦でもお金を借りることができるか

このような疑問やお悩みをお持ちではないですか?

 

  • 主婦なんだけどお金って借りれるのかな?
  • カードローンの申し込みはできても審査になんか通らないよね・・・
  • 旦那が仕事の間のランチ会が意外とかさんで、お金がピンチ!!

 

プロミス・アコム・モビットと言った消費者金融では総量規則の関係もあり収入がない専業主婦は申し込みはできません。

 

銀行のカードローンは審査は可能ですが、収入のある配偶者の証明等が必要になります。その配偶者に十分な与信枠がなければ審査通過は厳しいかもしれません。

 

旦那の与信を審査するために会社への在籍確認が必要ですから、旦那にバレることは避けて通れません。

 

まず、主婦でも消費者金融からお金を借りることができるパターンをご紹介しますね!!

 


主婦でもお金を借りることができるか

パートやアルバイトなどで毎月少しでも安定的なお給料がある。そんな主婦の方は借入可能です◎これは消費者金融でももちろん!銀行系のカードローンでも可能です!

 

パート・アルバイト主婦がお金を借りるなら消費者金融が手っ取り早くておすすめです!

モビット

モビット

三井住友銀行グループのモビットが運営!信頼性が高くて初心者の方でも安心。

 

「WEB完結申込」なら、メールとネットだけで完結し、電話確認や郵送物がないので借入までがスピーディーに決まります!!

 

貸付可能な方の条件も「安定した収入のある方」なので、条件さえ満たせばアルバイト・派遣社員・パート・自営業の方でも利用可能!

 

 

 

主婦でもお金を借りることができるか

 

プロミス

プロミスの一番の特徴は、初めてご利用いただく方に限り、
「30日間無利息サービス」を受けることができる点です。
30日間は無利息でサービスを受けることが可能ですから30日以内にお金を返せば金利というコストを払うことなくお金を借りることができます。
※ただし、契約時にEメールアドレスを登録し書面の受取方法で「プロミスのホームページにて書面(Web明細)を確認」を選択された方限定です。

 

主婦の方には安心の女性オペレーターが対応してくれるレディースキャッシングがおすすめです!

 

主婦でもお金を借りることができるか

 

主婦でもお金を借りることができるか

 

アイフル

主婦でもお金借りることはできる?@専業主婦金欠ヘルプガイド

アイフルは家族にもばれたくないという人でもPCやスマホから申込みを利用することができます。

 

「配送時間えらべーる」というサービス利用が可能なこと、ご自宅でカード受け取りを避けたいと言う人は全国のアイフルの無人契約でんわBOX「てまいらず」に来店すれば簡単にカードを受け取ることが可能です。

 

アイフルの融資審査は最短30分で完了!!

 

主婦でもお金を借りることができるか

 

専業主婦はお金借りれないですよね・・・

 

安定的な収入がある場合はお金を借りることができるのはよ〜くわかりました。

 

いや、でも違うんです。私は3食昼寝付の専業主婦でして・・・

 

こんな私で恐縮ですが、お金借りれないものでしょうか?

 


見る限り確かにほぼどこの消費者金融でも総量規制の関係もあり収入のない専業主婦は申込はできません。

 

でも、借入枠を小額に限定した銀行カードローンなら専業主婦でも申込めます!

借入額を少額に限定した専業主婦専用の銀行カードローンでおすすめはここ!

★みずほMy Wing「わたし応援ローン」
・・・がんばる女性を応援するみずほの少額ローン。

 

★楽天銀行カードローン
・・・専業主婦の場合、収入証明書の提出は不要。配偶者の収入証明書も不要です。

 

おすすめ⇒みずほMy Wing「わたし応援ローン」

 

主婦でもお金借りることはできる?@専業主婦金欠ヘルプガイド

みずほ銀行「みずほMyWing」はがんばる女性を応援するために作られた少額ローンです。

 

PC、スマホなどWeb申し込みなら365日24時間可能です。

 

★年利9.0%〜14.0% ★限度額10〜200万円

 

審査後、メールまたは電話で審査結果のお知らせがきます。(お申し込み時間により、ご連絡が翌日以降(土・日曜日、祝日の場合は翌営業日以降)になる場合がございます。)

 

主婦でもお金を借りることができるか

 

おすすめ⇒楽天銀行カードローン

 

楽天銀行のカードローンなら専業主婦の方も申込みが可能です。

 

その点、楽天銀行カードローンは審査後携帯に電話がかかってきます。

 

配偶者の収入証明書や配偶者の会社への在籍確認が基本ないため旦那に知られることなくお金を借りることができます。

 

 

主婦でもお金を借りることができるか

 

 

 

主婦の方必見!以外と理解していないカードローンとキャッシングの違いとは?

主婦の方がお金を借りるとき、とりあえず「私でも貸してくれそうなところ」という点に着目し融資を受けようとするのではないでしょうか?カードローンもキャッシングも、どちらもお金を借りるための制度と言う点では共通しています。

 

しかしそれ以外の点に関しては違いも多く、主婦の方はそのことを正しく理解しておかないとトラブルの原因になることもあります。

 

カードローン

主婦がお金を借りる

 

カードローンはクレジットカードや銀行のキャッシュカードを利用して、指定された銀行口座を通じ、一定の限度額内で何度でもお金を借りることができるシステムです。この限度額は、あらかじめ審査を通過することで決定されます。返済は普通預金の口座から引き落とされるのが基本で、カードローンの残高によってスライドしていきますが、基本的には定額のリボ払いとなることが多いようです。そのため金利が発生します。カードローンの金利は、長期返済を前提とした額が設定されています。そのため額としてはやや低めであることが多いです。それでもあまりに長期にわたると、あるいはお金を借り過ぎてしまうと、その金利だけで結構な額になってしまうことも考えられます。小口から大口まで、その融資額の幅が広いのもひとつの特徴です。

 

キャッシング

 

キャッシングは、まず基本的には融資額が小口中心であると言うのがカードローンとのひとつの違いとしては挙げられます。キャッシングでなじみがあるのはクレジットカードに付帯されたキャッシング機能で、これを利用してATMなどからお金を引き落とします。返済方法は翌日一括が基本ですが、勿論、残高スライドによるリボ払いも選択することができます。金利は、カードローンに比べると高めに設定されていると言うのも違いのひとつです。

 

ですから両者を比べてみると、その違いで顕著なのは返済方法と金利だと言えます。

カードローンは限度額内であれば何度でもお金が借りられる、金利が低めと言うのは利点ですが、限度を超えてしまうとその限りではないと言う点を留意しておく必要があります。一方、キャッシングは、クレジットカードが発行され、それが手元にあればいつでも利用できると言う強みがありますが、やはり金利の高さがネックと言えます。いずれも、主婦の方は特に限定的に、一時的に利用するのが望ましいです。

主婦でもお金を借りることができるのか?のまとめ

つまるところ主婦でもパートや派遣、アルバイトと言った何らかの安定的な収入が見込める方であれば少額の借入であれば利用可能なケースが多いようです。

 

また、「ご主人の年収を書けば申し込み受付可能」や、専業主婦用のカードローンがある銀行も見られます。「主婦も歓迎!」などと掲載してあれば、ほとんどの場合利用することできると考えられます。

 

銀行カードローンでしたら、100パーセント専業主婦が利用可能かというと、そんなことはありません。「最低でも年収○○万円」といった様々な条件のクリアが必須の銀行カードローンというのも存在します。

 

また、お金に困っているからといって嘘をついて申込みしては、後々不利になりますので、質問には正直に答えましょう。

 

お借り入れはご自身の返せる範囲で借りるようにしましょうね!