専業主婦でも複数のカードローンは持てるのか?

専業主婦が複数のカードローンを作るのは簡単ではありません。

 

作ることは不可能ではありませんが、専業主婦に対応していないカードローンも多いのです。
主婦もOKと記載されている場合、原則として収入のある主婦となります。

 

パート収入がある主婦となり、一般的に100万円程度の年収を得ている方が多いです。
100万円の年収の場合、借り入れ上限は30万円程度となるでしょう。
消費者金融の借り入れ上限は年収の3分の1以内となるからです。
もし1件目で30万円の借り入れをしていれば、2件目の契約は難しくなります。
1件目でほぼ総量規制の上限まで借りているからです。

 

専業主婦の場合は原則として無職とされます。

 

主婦に専念しているため、収入は0円と判断されます。
収入がなければほとんどのカードローンは利用できませんが、一部のカードローンは配偶者の年収基準を見ながら融資してくれます。
ただし、限度額は少なめに設定されるため、主婦向けローンと同じく30万円程度が限度額になると考えたほうがいいでしょう。
複数のカードローンを所有する場合、1件目の借入額を少なく抑える必要があります。
1件目の借入額が10万円ならば、2件目は10〜20万円程度の借入が可能となりますが、審査通過率は2件目のほうが厳しくなります。
カードローンの審査では、他社借入状況も考慮されるのです。
借入先は0件が好ましく、増えるほど審査の通過率は下がります。
過去の利用履歴もチェックされ、遅延がある方は不利となります。
逆に利用履歴が好ましければ、審査通過率も高くなるでしょう。

 

>>主婦向け融資でおすすめの金融機関はこちら