最大のメリットは低金利?

銀行借り入れは主婦に選ばれています。

 

家計を任されている主婦は、男性よりもお金にシビアです。

 

お金に対して現実的な思考を持っており、ローンを利用するときも損得はよく考えています。

 

消費者金融よりも銀行借り入れが選ばれる理由は、何よりも金利が低いからです。

 

銀行ならではの安心感もありますが、最大の理由は低金利であることです。

 

当然ながら金利が低いと利息も少なくなります。

 

高額を借りるほど、利息にこだわる必要があるのです。

 

同金利で融資を受けた場合、借り入れが10万円と100万円だと利息は10倍も違ってきます。

 

借り入れが大きくなるほど利息も比例的に大きくなるので、少しでも利息を抑えるために低金利で借りる必要があるでしょう。

 

借入額を抑えたり、借入期間を短くしたりすることで利息を抑えることはできますが、金利の部分に関しては契約時に決まってしまいます。

 

一度決定した金利は、交渉で引き下げることは難しいのです。

 

そのため、契約する段階で少しでも低金利で融資を受けておく必要があります。

 

銀行借り入れが主婦に選ばれる理由には、借りることの抵抗の弱さもあるでしょう。

 

現在でもサラ金イコール闇金と考えている方は少なくありません。

 

現在はサラ金ではなく消費者金融と呼ばれていますが、消費者金融と闇金を混同している方は多いのです。
銀行借り入れの場合、ネガティブなイメージは弱いのでしょう。
また、契約先の銀行である場合、手持ちのキャッシュカードでお金を借りられるといった利便性もあります。