1社に断られたらもうダメ?

1社目で断られた専業主婦の方は、同条件で申し込みすると2社目で借りれる可能性はさらに低くなります。
借りれる可能性が一番高いのは1社目であり、2社目、3社目と申し込み件数が多くなるほど通過率は下がります。

 

4社目になると一気に通過率が下がりますが、これは申し込みブラックになるためです。

 

1社目で断られた専業主婦の方は、希望額を下げて2社目に申し込んでみましょう。

 

金融機関により審査基準に違いがありますが、これは一般の方が知ることはできません。

 

ネット上には審査に通過しやすい金融機関ランキングなどが紹介されていますが、申し込み条件によって通過のしやすさは変わってきます。

 

会社員をターゲットにしているローンと、非正規雇用の方への融資を強化しているローンでは、同条件での比較はできません。

 

一つ確実に言えることは、希望額と審査の難易度は比例することです。

 

20万円で借入できなくても、10万円なら審査に通過できる可能性があるのです。
逆に20万円で落ちてしまった場合、30万円にして申し込みしてもほぼ借りられません。

 

違うところで申し込めば借りれる可能性は0ではありませんが、同じ希望額またはそれ以上に設定するのは避けてください。

 

一般的に専業主婦が借りやすい金額は30万円以内と言われていますが、安全圏は10万円以内だと考えましょう。

 

10万円で借りられない場合は、相応の原因があると考えましょう。

 

他社借り入れがある、過去に債務整理をした、などが原因かもしれません。